トップ > 低SL周回 >
ボス攻略:牛頭のデーモン

牛頭のデーモン

牛頭のデーモンは怯みやすいため、ツヴァイヘンダーの両手R2攻撃や両手ダッシュR1攻撃の1発で怯みます。 ボスの攻撃を誘って回避し、攻撃後のスキを狙って反撃して怯ませることで簡単に倒せます。

2周目以降は武器も強くなっているため、落下攻撃を入れなくても苦労せず倒すことができます。

思い出

初めて戦ったキャラでは、なかなか倒せずにイヤになるぐらい死亡した思い出があります。 レベルをSL15前後まで上げてようやく倒したように記憶しています。

最初の落下攻撃を決めた後、通路を逆側まで走って牛頭のデーモンをおびき寄せ、横を走ってすり抜けてまたハシゴに登っていました。 落下攻撃を繰り返して倒した覚えがあります

ボスの行動パタンの紹介

牛頭のデーモンの行動パタンは、

  1. 振り下ろし
  2. ジャンプ振り下ろし
  3. 横振り(右)
  4. 横振り(左)
  5. 突き立て
  6. 振動
  7. 後ろ飛び

があります。 それぞれの行動パタンの映像と詳細は以下を参照ください。

振り下ろし

マップ付き攻略 ボス行動パタン 牛頭のデーモン 振り下ろし

振り下ろしは、振り上げた斧を正面に振り下ろす攻撃です。 なお、斧には当たり判定が残ります。

ジャンプ振り下ろし

マップ付き攻略 ボス行動パタン 牛頭のデーモン ジャンプ振り下ろし

ジャンプ振り下ろしは、前ジャンプしながら斧を振り下ろす攻撃です。 やや離れた距離で位置取りしていると繰り出してきます。 吠えて腰を落としたら、ジャンプ振り下ろしの合図です

横振り(右)

マップ付き攻略 ボス行動パタン 牛頭のデーモン 横振り(右)

横振り(右)は、斧を(牛頭のデーモンから見て)左から右に振る攻撃です。 横振り(右)の後は特にスキが大きいです

横振り(左)

マップ付き攻略 ボス行動パタン 牛頭のデーモン 横振り(左)

横振り(左)は、斧を(牛頭のデーモンから見て)右から左に振る攻撃です。

突き立て

マップ付き攻略 ボス行動パタン 牛頭のデーモン 突き立て

突き立ては、縦に構えた斧を地面に突き立てる攻撃です。 なお、斧には当たり判定が残ります。

振動

マップ付き攻略 ボス行動パタン 牛頭のデーモン 振動

振動は、斧で地面を振動させる攻撃です。 体の左から斧を出してくるので、突き立てと区別することができます(突き立ては体の正面に構える)。 なお、斧には1秒ほど当たり判定が残ります

後ろ飛び

マップ付き攻略 ボス行動パタン 牛頭のデーモン 後ろ飛び

後ろ飛びは、単なるバックステップです。 何ら害はありませんが、後ろ飛びの後はジャンプ振り下ろしがくることが多いです

ボスの弱点・耐性

牛頭のデーモンはとても怯みやすく、ツヴァイヘンダーの両手R2攻撃なら1発で怯みます。 なお、ツヴァイヘンダーの両手ダッシュR1攻撃でも1発で怯みます。

戦い方

武器は、1周目なら初期装備の武器 + ヒーターシールドでいいでしょう。 2周目以降なら、怯ませやすいツヴァイヘンダーの両手持ちがオススメです。

  
牛頭のデーモンは特大剣の両手R2攻撃で怯むためです

ノーロックで立ち止まって牛頭のデーモンの攻撃を誘い、攻撃を繰り出してきたらダッシュで離れて回避します。 ダッシュしたままUターンして距離を詰め、両手R2攻撃を当てます。 攻撃を当てたらまた立ち止まって牛頭のデーモンの攻撃を誘います。

  
ジャンプ振り下ろしは、ダッシュで離れても回避が難しいので、逆に前進して股下をくぐりましょう。
  
攻撃を入れる時だけロックしてもいいでしょう。

マルチプレイでの注意点

特にありません。

ページの先頭へ
 

動画の紹介

関連する動画を紹介します。

ボス戦の例

低SLでのカンストのボス戦の例を紹介します。

マップ付き攻略 低SLカンストでのボス戦 03 牛頭のデーモン
ページの先頭へ