トップ > 低SL周回 >
ボス攻略:百足のデーモン

百足のデーモン

百足のデーモン戦では、伸びパンチを回避後に距離を詰めることでジャンプ叩きつけ・掴みを誘えます。 ジャンプ叩きつけ・掴みを誘うことで百足のデーモンを前進させて上陸させることができ、背後に回り込んで尻尾を切断できます。

尻尾を切断して黒焦げた橙の指輪を入手・装備したら、安全地帯の左足の横に密着して倒すだけです。

思い出

初めて戦ったキャラでは、尻尾を切断するどころか、奥の陸地にたどり着くだけでも苦労しました。 炎防御力が高ければ溶岩から受けるダメージが減る、ということに気がつかなかったためです。

ボスの行動パタンの紹介

行動パタンは、

  1. パンチ
  2. 伸びパンチ
  3. なぎ払い
  4. ジャンプ叩きつけ
  5. ジャンプ火球
  6. 地団駄
  7. 掴み
  8. 真上ジャンプ
  9. 後ろ飛び

があります。

パンチは、右腕で殴りつける攻撃です。

伸びパンチは、右腕で殴りつける攻撃です。 腕が伸びるため遠くまで届きます。 途中で追尾が切れるため、横歩きしていれば当たりません

なぎ払いは、腕を左から右へ横に振る攻撃です。

ジャンプ叩きつけは、ジャンプして腕を叩きつける攻撃です。 ジャンプ叩きつけを出した百足のデーモンは少し前進します。 ジャンプする前に吠えます

ジャンプ火球は、真上にジャンプして真下に火球を打つ攻撃です。 ジャンプする前に足を広げます(左足を左にずらす)。

地団駄は、両足での踏みつけ攻撃です。 三段目まであり、右足・左足・右足の順で踏みつけます

掴みは、掴み上げてムシャムシャと喰う攻撃です。 掴みを出した百足のデーモンは少し前進します

真上ジャンプは、単に真上にジャンプするだけです。 吠えずにジャンプします

後ろ飛びは、単なるバックステップです。

ボスの弱点・耐性

百足のデーモンは炎耐性があります。

戦い方

武器は、1周目なら強化クラブの両手持ちでいいでしょう。 2周目以降なら、巨人鍛冶の木槌の両手持ちがオススメです。

ロックするよりもノーロックの方が戦いやすいです。 ノーロックで戦いましょう。

ボス戦での立ち回り
ボス戦での立ち回り

ボス霧をくぐったら右へ進み、ローリングで最初の溶岩を渡ります。 さらに奥へ進み、次の溶岩もローリングで渡って[C]の陸地へ上陸します。 陸地を奥まで進み、HPを回復して百足のデーモンを待ちます。

近づいてきた百足のデーモンは、陸地の手前で伸びパンチを出してきます。 横歩きで回避し、回避後は距離を詰めます

距離を詰めたことでジャンプ叩きつけ、または掴みを誘えます。 ジャンプ叩きつけや掴みは前進するため、百足のデーモンは陸地に上陸します。 ただし、まだ尻尾を切断するために背後に回り込むだけの空間はありませんので、さらにジャンプ叩きつけか掴みを誘います。 伸びパンチを出してくる距離から数歩前進することで、ジャンプ叩きつけや掴みを誘えます。

百足のデーモンがさらに前進して背後に回り込める空間ができたら、回り込んで尻尾を切断します。 切断した尻尾は突進してきますので、すぐに倒します。 尻尾を倒して黒焦げた橙の指輪を入手したら、スキを見て装備します。

後は、百足のデーモンを倒すだけです。 百足のデーモンは左足の横が安全地帯ですので、そこに張り付いて左足を攻撃します。 ただし、ジャンプ火球・地団駄・真上ジャンプは回避が必要です。

左足を外側に開いたらジャンプ火球です。 離れて回避し、回避後に両手ダッシュR1攻撃を入れます。

右足を持ち上げたら地団駄です。 すぐにローリングで離れ、三段目の後に両手ダッシュR1攻撃を入れます。

真上ジャンプは離れて回避後します。 回避後に両手ダッシュR1攻撃を入れます。

マルチプレイでの注意点

白霊は黒焦げた橙の指輪を持っているでしょうから、溶岩を気にせず戦って尻尾を切断してもらいましょう

ページの先頭へ
 

動画の紹介

関連する動画を紹介します。

解説動画

低SLでのカンストのボス戦の解説動画を紹介します。

マップ付き攻略 低SLカンストでのボス戦 20 百足のデーモン
ページの先頭へ