トップ > 低SL周回 >
ボス攻略:山羊頭のデーモン

山羊頭のデーモン

山羊頭のデーモン戦では、左奥の階段を上ることさえできればほぼ勝ちです。 ただし、お供の犬が邪魔で簡単には階段を上れません。

ボスの初撃に合わせてローリングしようとすると、ローリング前に犬に咬みつかれます。 犬の咬みつきに合わせてローリングすると、ローリング終わりにボスの鉈に当たります。

  
山羊頭のデーモンを倒さなくては最下層へは進めませんが、万能鍵を持っているなら小ロンド遺跡と飛竜の谷を経由して病み村へ行くことができます。 そのため、最下層に用事がないのなら、山羊頭のデーモンを倒す必要はありません。 大きな種火が必要なく、かつ、ラレンティウスから呪術を買う必要がなければ山羊頭のデーモンは無視できます。

思い出

初めて戦ったキャラでは、犬を倒してタイマンに持ち込むまでに10戦以上も挑戦した覚えがあります。 霧をくぐったら左奥の階段を上るのが安定した倒し方ですが、それがとにかく難しかったです。

山羊頭のデーモンは初撃にジャンプ叩きつけを出してくることが多いですが、ジャンプ叩きつけにタイミングを合わせてローリングしようとすると、その前に犬に咬みつかれます。 そうなると犬の咬みつきで怯んでしまい、ジャンプ叩きつけに当たります。

かといって、犬の咬みつきにタイミングを合わせてローリングすると、ローリング終わりにジャンプ叩きつけに当たります。

ボスの行動パタンの紹介

行動パタンは、

  1. 左手の横振り
  2. 右手の横振り
  3. 両手袈裟斬り
  4. ジャンプ叩きつけ
  5. 後ろ飛び

があります。

左手の横振りは、左手の鉈(ナタ)の横振りから始まる攻撃で、最大で三段目まであります。

右手の横振りは、右手の鉈の横振りから始まる攻撃で、最大で二段目まであります。 二段目は、横振りの場合と叩きつけの場合があります。 横振りか叩きつけかは、一段目のモーションで判別できます

両手袈裟斬りは、鉈を二刀を重ねて袈裟斬りする攻撃です。 かなりの攻撃力を持っています

ジャンプ叩きつけは、前ジャンプしながら鉈を叩きつける攻撃です。 最も攻撃力の高い、警戒するべき攻撃です腰を落としたら、ジャンプ叩きつけの合図です

後ろ飛びは、単なるバックステップです。 何ら害はありませんが、後ろ飛びの後はジャンプ叩きつけがくることが多いです

ボスの弱点・耐性

思いつきません。

戦い方

武器は、1周目ならロングソード + ヒーターシールドでいいでしょう。 2周目以降なら、振りの速い打刀 + バルデルの盾がオススメです。

霧をくぐったら、ロックせずに左前方に進みます。 右前方に進むよりも、左前方に進んだほうが回避できる確率が高いように感じます。

山羊頭のデーモンと犬の両方を視界に入れつつ、山羊頭のデーモンのジャンプ叩きつけか犬の咬みつきを待ちます。 先に繰り出してきた攻撃にタイミングを合わせてローリングで回避したら、左奥の階段を目指します。

階段を上ったら右へ進み、犬を待ちます。 犬の攻撃を盾受けしたら、反撃を入れて倒します。 犬を2頭とも始末したら飛び降りて山羊頭のデーモンをロックし、タイマンで戦いましょう。

左手の横振りは後ろ歩きで回避、または盾受けします。 三段目まで出してきたら、三段目の後に攻撃を入れます。

右手の横振りも後ろ歩きで回避、または盾受けします。 二段目は横振りと叩きつけがありますが、叩きつけの場合のみ攻撃を入れます

両手袈裟斬りは後ろ歩きで回避します。 回避後は接近して攻撃を入れます。

ジャンプ叩きつけは横ロリで回避します。 回避後は接近して攻撃を入れます。

後ろ飛びで離れていったらジャンプ叩きつけを警戒しましょう。

マルチプレイでの注意点

特にありません。

ページの先頭へ
 

動画の紹介

関連する動画を紹介します。

解説動画

低SLでのカンストのボス戦の解説動画を紹介します。

マップ付き攻略 低SLカンストでのボス戦 05 山羊頭のデーモン
ページの先頭へ