トップ > 低SL周回 >
ボス攻略:貪食ドラゴン

貪食ドラゴン

貪食ドラゴンは、突進を連続して誘うことで簡単に倒せます。 攻撃の手数を抑えて早めに離脱することで距離を取ることができ、次も突進を誘えます。

初撃に突進を出してこなかった場合は、追い詰められてやられることもあります。 初撃が突進でなければ、ゲームを終了して再ロードするのも手です

  
万能鍵があれば貪食ドラゴンを倒さなくても病み村へ行けるため、つい倒さずに無視されがちなボスです。

思い出

初めて戦ったキャラでは、引っかきに当たったり、上ジャンプ攻撃に踏み潰されたり、酸攻撃に当たったりしてとにかく大変でした。

突進を連続して誘えば簡単に倒せる、ということに気づくまでは苦労しました。 突進を連続して誘えるようになってからは全く苦労することがなくなりました

ボスの行動パタンの紹介

行動パタンは、

  1. 突進
  2. 引っかき
  3. 踏みつけ
  4. 尻尾なぎ払い
  5. 上ジャンプ攻撃
  6. 酸攻撃
  7. 捕食

があります。

突進は、上体を倒して突進する攻撃です。 咆哮しながら前脚を広げたら、突進の合図です

  
突進は、上体を倒した時点で追尾が切れますので、横歩きを続けていれば外れます

引っかきは、左の前脚でなぎ払いにくる攻撃です。

踏みつけは、左の中脚で踏みつけにくる攻撃で、三段目まで出してきます。

尻尾なぎ払いは、尻尾でなぎ払う攻撃です。 尻尾を切断した後も繰り出してきます。 尻尾なぎ払いは正面まで届きますので、正面にいても警戒が必要です。

上ジャンプ攻撃は、空中に浮かび上がってから押しつぶしにくる攻撃です。 空中で向きを変えて、さらに追尾します。 追尾時間が短いため、正面にいなければこちらに届く心配はありません

酸吐きは、広範囲に酸を吐く攻撃です。 触れると武器と防具の耐久度が下がります

捕食は、前脚で掴み上げて文字通りムシャムシャと喰う攻撃です。 捕食は、ガード不可です

ボスの弱点・耐性

貪食ドラゴンは、おそらく炎属性が弱点です。

戦い方

武器は、1周目なら強化クラブの両手持ちでいいでしょう。 2周目以降なら、火力の高いグレートクラブやラージクラブの両手持ちがオススメです。

ボス霧の近くにソラールとロートレクの召喚サインがありますが、ソロの方が戦いやすいです。

なお、ロックするよりもノーロックの方が戦いやすいです。 ノーロックで戦いましょう。

貪食ドラゴンは、連続して突進を誘うことができれば簡単に倒せます。 そのためには、攻撃の手数を減らして早めに離脱することがとても重要です。 早めに離脱することで距離を取ることができ、結果、突進を誘えます。

ボス霧をくぐったら貪食ドラゴンの様子を見ます。 咆哮しながら前脚を広げたら突進の合図ですので、ダッシュで接近します。 咆哮しないまま近づいてきた場合は、ゲームを終了して再ロードしましょう

ダッシュで接近し、上体を倒した貪食ドラゴンの鼻先に両手ダッシュR1攻撃を入れます。 さらに追加で両手R1攻撃を1発入れ(計2発)、横に離脱します。 なお、強化クラブなら追加攻撃は2発(計3発)入ります。

貪食ドラゴンが前進を始めたら、あまり近づきすぎずに追いかけます。 貪食ドラゴンが止まったら、尻尾または後ろ脚に攻撃を入れます。

グレートクラブで2発、強化クラブで3発攻撃を入れたらダッシュで貪食ドラゴンから離れます。 開けた空間のある方に離脱しましょう。 距離を取ったことで次も突進を誘えますので、同じことを繰り返します。

マルチプレイでの注意点

特にありません。

ページの先頭へ
 

動画の紹介

関連する動画を紹介します。

解説動画

低SLでのカンストのボス戦の解説動画を紹介します。

マップ付き攻略 低SLカンストでのボス戦 06 貪食ドラゴン
ページの先頭へ