トップ > 低SL周回 >
ボス攻略:鐘のガーゴイル

鐘のガーゴイル

鐘のガーゴイルはとても怯ませやすく、ツヴァイヘンダーの両手R2攻撃や両手ダッシュR1攻撃なら1発で怯ませることができます。 強化クラブでも両手R1攻撃の2発で怯みます。

問題となるのは2体目が登場してからですが、白霊を召喚すればそれほど苦労はしません。 ソロの場合、2体出現するまではロックで、2体揃ったらノーロックで立ち回るのがいいでしょう

思い出

初めて戦ったキャラでは、ソラールを召喚したにも関わらず苦労したように思います。 横振りを盾受けする際に、盾を構えっぱなしにしていたためスタミナがなくなり、三段目まで盾受けできませんでした。

盾を構えているとスタミナの回復速度が遅くなることに気づいてからは簡単になりました。 当たる直前に盾を構え、盾受けした後は構えを解いてスタミナを回復させるようにしてからは全ての攻撃を盾受けできるようになりました

ボスの行動パタンの紹介

行動パタンは、

  1. 片手叩きつけ
  2. 両手叩きつけ
  3. 空中からの両手叩きつけ
  4. 横振り
  5. 着地横振り
  6. 振り上げ
  7. 突き
  8. 尻尾なぎ払い
  9. 尻尾叩きつけ
  10. 尻尾振り上げ
  11. シールドバッシュ
  12. 炎吐き
  13. 空中からの炎吐き
  14. 場所替え
  15. 後ろ飛び
  16. 横っ飛び

があります。

片手叩きつけは、右手に構えた斧槍を叩きつける攻撃です。

両手叩きつけは、両手に構えた斧槍を叩きつける攻撃です。

空中からの両手叩きつけは、空中に飛び上がった後に両手に構えた斧槍を叩きつける攻撃です。 初撃に繰り出してくることが多いです

  
空中からの両手叩きつけは途中で追尾が切れますので、横歩きを続けていれば外れます

横振りは、斧槍を左から右に振る攻撃で、三段目まで出してくることがあります(二段目は右から左・三段目は左から右)。

  
盾を構えたままにしていると、二段目・三段目の盾受けでスタミナ不足になる危険があります。 盾受けしたら、次を受ける直前までは構えを解きましょう。

着地横振りは、空中に飛び上がって少し離れた場所に着地した後に、斧槍を右から左に振る攻撃です。

振り上げは、空中に飛び上がり斧槍を振り上げる攻撃です。 当たると空中に巻き上げられます。

突きは、右手に構えた斧槍を突き出してくる攻撃です。

尻尾なぎ払いは、尻尾でなぎ払う攻撃です。 背後に位置取りしていると繰り出してきます。 最も攻撃力の高い、警戒するべき攻撃です

尻尾叩きつけは、振り上げた尻尾を振り下ろして叩きつける攻撃で、二段目まで出してくることがあります。 背後に位置取りしていると繰り出してきます。 これも警戒するべき攻撃です

尻尾振り上げは、空中に飛び上がり尻尾を正面に振り上げる攻撃です。

シールドバッシュは、左手に構えた盾を叩きつける攻撃です。

  
シールドバッシュは、盾を持っていない2体目も繰り出してきます。 なので、本当は左手パンチなのかもしれません。

炎吐きは、前方の左から右に炎を吐く攻撃です。 炎を吐いている最中は無防備なため、攻撃を入れる大チャンスです

  
炎吐きは、2体目が出現するまでは出してきません。 2体目が出現すると1体目も2体目も炎吐きをしてくるようになります。

空中からの炎吐きは、空中に飛び上がり炎を下方に吐く攻撃です。 攻撃範囲が広いため回避に専念しましょう。

  
空中からの炎吐きも、2体目が出現するまでは出してきません。

場所替えは、空中に飛び上がって少し離れた場所に着地するだけです。

後ろ飛びは、単なるバックステップです。

横っ飛びは、単なるサイドステップです。

ボスの弱点・耐性

鐘のガーゴイルは雷属性が弱点です。 また、鐘のガーゴイルはとても怯みやすく、強化クラブの両手R1攻撃なら2発で怯みます。 なお、ツヴァイヘンダーの両手ダッシュR1攻撃・両手R2攻撃なら1発で怯みます。

戦い方

武器は、1周目ならロングソード + ヒーターシールドでいいでしょう。 2周目以降なら、振りの速い打刀 + バルデルの盾がオススメです(盾受けせずに回避できるなら強化クラブやクレイモア、ツヴァイヘンダーの両手持ちもオススメ)。

ソロでは難しいので、ソラール(またはオンラインの他のプレイヤー)を召喚することをオススメします。 白霊を召喚した場合はロックで、ソロなら2体揃うまではロックで2体揃ったらノーロックで立ち回りましょう。

片手叩きつけ・両手叩きつけ・空中からの両手叩きつけは、横ロリで回避します。 なお、近ければ横歩きで回避できます。 回避後に接近して攻撃を入れます。

横振りは、一段目から三段目まで横ロリで回避します。 武器を振る方向とは逆方向へローリングしましょう。 回避後に接近して攻撃を入れます。

着地横振りは、武器の振り始めに合わせて左ロリで回避します。 回避後に接近して攻撃を入れます。

振り上げは、ローリングで回避します。 回避後は、着地を狙って攻撃を入れます。

突きは、横ロリで回避、または前ロリで回避・密着します。 回避後に接近して攻撃を入れます。

尻尾なぎ払いは、横ロリで回避してます。 尻尾を振る方向とは逆方向へローリングしましょう。 振りの速い武器なら回避後に接近して攻撃を入れます。

尻尾叩きつけは、離れて回避してます。 振りの速い武器なら回避後に接近して攻撃を入れます。

尻尾振り上げは、横ロリで回避します。 回避後は、着地を狙って攻撃を入れます。

シールドバッシュは、右ロリで回避します。 回避後に接近して攻撃を入れます。

炎吐きは、背後に回り込んで回避しつつ攻撃を入れます。

空中からの炎吐きは、離れて回避します。

場所替えは、着地を狙って攻撃を入れます。

マルチプレイでの注意点

1体目のガーゴイルのHPを4割削ると2体目が登場します。 最低1人は2体目に向かいましょう

ページの先頭へ
 

動画の紹介

関連する動画を紹介します。

解説動画

低SLでのカンストのボス戦の解説動画を紹介します。

マップ付き攻略 低SLカンストでのボス戦 04 鐘のガーゴイル
ページの先頭へ